clear.gif

2015年07月02日

【小説】くだらない話 28

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

side 新井シンジ「嘘つきと泣き虫」
--------------------------------------------------------
からんからんと空き缶がころがりドブの中に落ちていく。
退屈になった足を空中からアスファルトに戻し、僕は顔を上にむけた。

鈍重な雲は夏風にふきとばされたのか、空はきれいな茜色をしている。
午後から振るはずだった雨はどこへいったのだろう。
文句のひとつでも言ってやりたい気分だ。

今の時期、花壇に植えられているのは乾燥に強い花ばかりだ。
夏の強い日差しをうけても2〜3日はもつのだが、
今日の予報を真にうけていた僕は昨日の日課をさぼっていた。

別にもう1日くらいサボっても良いと思う。
けど、僕には家に帰りたくない理由があった。


神谷から渡された手紙だ。


彼女の様子からして何が書かれているのかは気になっている。
しかし、それ以上に封筒を開くことが不安で避けたい気分だった。

それが、なぜかは分からない。
下校中に鞄からとりだして封筒を閉じる懐中時計のシールをはがそうとすると、
手が自然と止まる。

身体も心も魂さえも動かなくなって石みたいに固まる。
感覚がそれを開くことを拒否するのだ。

捨ててもいいかもしれない。
どうせ、神谷も僕と同じことを――

文通の終わりを告げる手紙を書いているはずだ。
先輩と付き合いはじめた彼女にとって僕は、邪魔モノでしかないのだから。

この変な気持ちをまぎらせるため、見慣れた通学路を急いだ。

軍手をはめて、

土でもいじって、

花に水をあげて、

小さな虹でもつくって、

いつもの単純作業をくりかえせば考えなくなる。気にならなくなる。
そのうち忘れて、いつもの静かな日常が訪れるはずだ。
--------------------------------------------------------
次の話へ⇒


posted by c-book at 17:11| 【小説】くだらない話