clear.gif

2015年07月02日

【小説】くだらない話 31

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

side 新井シンジ「嘘つきと泣き虫」
--------------------------------------------------------
「お前、誰だよ」

その問いに答えるつもりはなかった。
村沢先輩が納得する理由を持ち合わせていないからだ。

だから、先に足が動くことを確認する。緊張は解けているようだ。いける。
走り出そう、とした。


「待って……」と神谷が僕を呼び止めた。


先輩はその声を聞いて唖然としている。
彼氏としては当たり前の仕草だ。

「私……私……」

おい、ちょっと待て。なんで泣き出すんだ。
なんで呼び止めるんだ。意味が分からない。
そんなに見られたことが嫌なのか。泣きたいのはこっちだ。


なんで、そんな――


拳を強く握りしめていた。
手の中は不快になるほど汗ばんでとても何かを触れる状態じゃなかった。

そんな手で、うつむいて肩を震わせる彼女の腕をつかんだ。

「ちょっ、なにしてんだよ」と先輩が言った。

僕にも分かりません、と言いたかったができなかった。
そうする前に僕らは全速力で走りだしていた。



校舎裏の白い壁、

花壇の花、

グラウンドの土煙、

校門の錆びた扉、

電信柱の張り紙、

流れては消える景色のなかでただひとつ鮮明なもの――

驚いた彼女の顔だけが僕の瞳に残っていた。
--------------------------------------------------------
次の話へ⇒


posted by c-book at 17:16| 【小説】くだらない話