clear.gif

2015年07月02日

【小説】くだらない話 シンジ

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

END それぞれの結末
--------------------------------------------------------
あれから僕は、何事もなかったかのように日々を過ごした。

学校に行き、
授業を受け、
花を育てるという平穏な毎日だ。

神谷への返事は書いていない。
適当な言葉が見当たらないし、今さら僕からというのも図々しい気がした。


けど、ある日の帰宅後。


無意識に郵便受けをあけている僕がいた。

それが習慣からくる行動なのか、
それとも感情からくる行動なのかは分からない。



来ない手紙を待つのは、後にも先にもこれっきりだ。
--------------------------------------------------------
ナオEND⇒


posted by c-book at 17:35| 【小説】くだらない話