clear.gif

2015年07月06日

【小説】その瞳に写るもの 67

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

--------------------------------------------------------
ふたりは呼吸を合わせるように深いため息をつき、
春花は朝食の用意を終えてからずっと自室にこもっているのだと話してくれた。

両親と顔を合わせるのが嫌なのだ。
彼らが食堂で交わしていた会話は、いつものような明るい掛け合いではなく、
事務的な話ばかりで表情もどこか曇りがちだった。

神城との一件で生じた心の亀裂が小町家にどこかよそよそしい空気を漂わせていた。

「すいません。見送りに来るようにと言ったのですが」

彼女には世話になりっぱなしだ。俺からは何も返せていない。
それに、家族を仲たがいさせたまま帰ることはどうしてもしたくなかった。

春花の自室を元哉さんに教えてもらい、俺は靴をぬいで玄関へ上がった。

一階の奥へとのびる廊下を歩き、
温泉浴場を通りすぎた先に小町家の人々が暮らす居間や寝室があった。
その中から春花の部屋を見つけて声をかけた。

「おい。いるんだろ」
反応がない。
「いじけてないで出てこいよ。もうすぐ学校へ行く時間じゃないのか」
引き戸ごしに声が聞こえる。
「分かってる。藤原さんが帰ったらちゃんと行くから」
「信用ならないな」

引き戸が開けられ、制服姿の春花が出てくる。
手には学生鞄とカメラが握られていた。
彼女はこれでもまだそんなことが言えるの、という眼差しをしていたので、
俺はそれに降参だという仕草で応えた。

「送ってさしあげましょうか。お嬢さん」
「結構です。行きがけに里菜の家に寄りますから」と不機嫌な様子だ。

ああ、そういえば、と俺は思い出したように呟いて上着のポケットから黒いフィルムケースを出した。
--------------------------------------------------------
次の話へ⇒


posted by c-book at 22:22| 【小説】その瞳に写るもの