clear.gif

2015年07月06日

【小説】その瞳に写るもの 64

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

--------------------------------------------------------
春花はいくらか答えを考えたあとで。

「私は、撮りたいと思ったから神城さんにカメラをむけたの。
少し前までは人の顔を撮ろうとすると無意識に手ぶれを起こしてたけど、
あの時はしない気がしたから」

予想だにしない答えが返ってきたために呆れてものが言えそうになかった。
単純で明快で実にばかばかしい理由だ。それでも少しだけ口から搾り出した。

「自分のためか」
「うん。そう」
「……あれは仕事だ。趣味じゃない。
学生みたいに何でも好きに撮って暮らしていけるなら俺もそうしている!」

彼女は少し驚いたという表情をして、俺の顔をまじまじと見た。

しんとした心地のよい静けさが部屋に満ちてゆき、俺たちは沈黙したまま時を止めていた。
やがて春花は、まるで口癖にしている言葉を喋るように
意識して心のどこかを偽るわけでもなく自然に話しはじめた。

「写真は自分の見たもの、感じたものを残すためにあるの。
撮りたいって思ったら、感じるままにシャッターを切るべきだよ」
「ばかばかしい。じいさんのうけうりか」
「違うよ」

春花はゆっくりと胸に手をあて、透きとおった優しい声で言う。
とても大切にしている宝物を箱にしまうように、自身の心にも語りかけるように。


「これは私の言葉。私の写真の在りかた」


罪悪感のないどこまでも澄んだ純粋さ。

恐怖すら覚えるほどの愚直さ。

ただまっすぐに自我を貫く貪欲さ。


俺は今さらながら確信した。彼女は普通ではない。
自身の美学をただひたすらに追及するために生きている――真の意味で写真家なのだと。

春花の純然たる言葉は俺の中にぽぅっとあわい火を灯し、風穴のあいた心の在りようを照らす。
それを見て恥ずかしいのかもどかしいのかよく分からない気持ちを感じた。

羞恥心を悟られたくないから、俺はいつの間にか理屈で固めた反論をしていた。

「現実はそんなに簡単じゃない」
「うん」
「嫌なこともしていかなきゃならない」
「だから私は撮りつづけたいんだ。嫌なことも良いこともひっくるめて全部」
「……仮にそうだとしても、このフィルムはお前のものだ。受けとれない」

春花はそんな静止も聞かず黙ってフィルムケースを畳の上に置き、立ち去ろうとした。

「持って帰れよ」
「やだ」
「いいから」
「それは、私からの恩返しなの」
--------------------------------------------------------
次の話へ⇒


posted by c-book at 22:01| 【小説】その瞳に写るもの

【小説】その瞳に写るもの 63

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

--------------------------------------------------------
春花は俺に黒いフィルムケースを差しだした。

「お宝を献上しにまいりました!」
「なんだよ。これ」
「昨日の写真」

神城に踏みつけられていたカメラはレンズが割れ、
取りつけられていたストロボの配線は丸裸となり、
本体の破片があたりに散乱しているような状態だった。

俺はどのパーツも復元は不可能だと判断したが、
春花は神城たちが去った後、闇夜のなかでそれらを回収していたのだ。

大切なものを繋ぎとめるよう、ひとつひとつを丁寧に。

「あれから分解して、巻き取れてたフィルムをここに入れておいた。
夜だったし、解体作業も暗室でやったから感光は防げたと思う。
写真のできばえは現像してからのお楽しみかな。
デジカメだったらデータごと壊されてただろうし、時代には逆らってみるものだね」

春花の手のひらをよく見ると絆創膏がはられていた。
視線を顔に移すと、目の下あたりにくまができているようだった。

彼女は俺の目線に気づいてはにかんだ。
それから、はじめてカメラを分解できて楽しかったこと、
学校に復学するという条件で昨日の一件を許してもらえたことを話してくれた。

それを聞くほど、春花という人間が分からなくなってきた。
出会って三日ほどしか経っていない俺になぜ彼女はこうまでしてくれるのか。

両親を敵に回して身を危険にさらし、
写真家にとって何よりも大事なカメラを壊されても笑顔で迎えてくれる。
利害関係のない親切の押し売りなんて気味が悪いだけだ。

「あっ、もしかして俺のために、とか考えた?」
「考えてねえよ」
「それもあるんだけどね。理由は別だよ」
--------------------------------------------------------
次の話へ⇒


posted by c-book at 21:50| 【小説】その瞳に写るもの

【小説】その瞳に写るもの 62

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

--------------------------------------------------------
次の日の朝、俺は鈴竹の部屋で目を覚ました。携帯電話のアラームではなく――

「藤原さん、起きて」という春花の声で。

かけ布団を取り上げられ、芋虫みたく身体を縮めた。
学生ではあるまいし、こういう体勢をとるのは10年ぶりではないだろうか。

寝ぼけまなこで頭上にいる声のぬしを見る。
彼女はラフな服装をしていて、腰のあたりに前掛けをつけていた。
すごく所帯じみたスタイルだ。

朝食の手伝いをするために着替えたのではないかと思われるが、
春花に現在時刻を聞くと真夏の太陽みたいに暑くるし――満面の笑みをうかべて「6時半だ」と答えた。

朝食まで1時間ほどあり、なおかつ起こしにきてくれと頼んだ覚えもなく、
マスターキーを使って宿泊客の部屋に不法侵入したあげく、
ひとときの安眠を妨げるとはどういう思考回路をしていやがるんだ、こいつ。

鈴竹の手伝いをする前に、自室の床下に散らばっているであろう頭のネジを探してこいよ。
その間に二度寝しているから。

そんなことを考えながら俺は上半身を起こしてあぐらをかいた。

「なんでもありか。睡眠妨害で訴えるぞ」
「早起きは三文の徳って言うでしょ。まあ、勝手に鍵を開けたのは謝るよ、ごめん」
その仕草はトラウマになるから見たくない。
「で、なんのようだ」

神城たちに逃げられたあと、俺は春花や元哉さんと鈴竹への帰路についた。
だれもがみな口を閉ざしたまま淡々と歩を進めた。

鈴竹の玄関でいつもと変わらない穏やかな様子の恵子さんが待っていた。
ある程度の事情を夫から聞いた彼女は表情ひとつ変えず、娘のほほをはたく。

春花はうつむくことも涙を流すこともなく、まっすぐな瞳で恵子さんを見ていた。
私は何も悪いことはしていないという顔付きでだ。

根負けしたのか恵子さんはため息をつき、俺にふかぶかとおじぎをした。
俺はそのまま宿泊している部屋へと連れて行かれ、今に至る。
--------------------------------------------------------
次の話へ⇒


posted by c-book at 21:46| 【小説】その瞳に写るもの