clear.gif

2015年07月06日

【小説】その瞳に写るもの 58

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

--------------------------------------------------------
理屈では説明のつかない感覚だが、振り返るとそれが正しいことが分かった。
春花はその姿を見て驚愕の表情をうかべていた。

俺だって本当は開いた口がふさがらないという形相をしたい。
しかし、急転直下という状況の中で冷静さを失えば、布団の上で目覚める結末をむかえるだろう。
全身に強い痛みをともなって動けないほどの状態でだ。

地道な聞きこみと探偵みたいに推理をめぐらせてここまでやってきたにも関わらず、
たったひとつの不確定要素のおかげで犯人を取り逃す刑事のようだ、
と自分でもよく分からない妄想をしてしまう。

いっそのこと春花と恋人のふりをしてやりすごす方法も考えたが、
この人には通じないどころか激怒されて何をされるか分からない。

脳内の秩序は乱れていて整理がつかない。だめだ、落ちつけ。
相手がだれであれ目の前に立たれている時点で敵なのだ。

恵子さんであればまだ良かった。
着物では走りづらいため、逃げ切ることはたやすい。

だが、相手は男であり、普段の様子からはとても想像できない、
尋常ではない凄みをかもし出していて、拳をぱきぽきと鳴らしているのだ。


春花は必死に苦笑いをつくり、消え入りそうな声でお父さん、と呟いた。


「藤原様、このようなところで何をなさっているのですか」

声色や垂れ下がった眉は、いつもと変わらず穏やかだ。
それが、余計に恐怖をさそう。

「て、天気が良いですね。星がきれいだ」苦渋の言葉が口から漏れた。
「そうでしょうか。曇っていて何も見えませんが」

空にはあいかわらず重厚な雲がどっしりと構えていた。星も月も希望も見えやしない。

俺は春花に、どうして元哉さんが仕置き人だと言っておかなかった、と目配せをする。
彼女は両手を顔の前で合わせる仕草をした。

ごめんなさい、という合図だと思うが俺には、おとなしく成仏してください、に見えた。
--------------------------------------------------------
次の話へ⇒


posted by c-book at 21:22| 【小説】その瞳に写るもの

【小説】その瞳に写るもの 57

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

--------------------------------------------------------
どういうつもりだと小声で聞いたら、ごめんなさいとしおらしく呟いた。
俺は冷たく突き放すようにそう思っているならここに来るな、と言う。

彼女は昼間のものより新しい型のフィルムカメラを首からさげていて、
目立たないよう黒のスウェットを上下に着込んでいる。

その意気は認めるが、この大事な場面で首をつっこまれては困るのだ。

帰れ、と一言だけ伝えてふたたび昌庵へ目をむけた。
一組の男女らしき影が視界に入る。

こちらへ近づいてくるにつれてその風貌が確認できた。
男はバンダナみたいな布地の帽子を被り、
黒縁のメガネをかけていて女は茶色いサングラスをしている。

美しい容姿や独特の雰囲気はどこか神がかっているとでもいうのか、
テレビや雑誌のなかにしか存在しえない特別な人間のように見えた。

ふたりの顔写真は瞳に焼きつけてある。間違えようがない。
カメラのシャッターに指をそえ、脇をしめて大きく息を吐きだした。

おちつけ、撮影できればしばらく仕事をしなくても悠々と暮らせるほどの大金が手に入る。
おもいっきり休暇を楽しんで、心の欠損なんて忘れてしまえばいい。
痛みをごまかして何事もなかったかのようにすごせばいいのだ。

ファインダーごしに神城たちを覗く。
田尻が神城の腕を持ち、寄り添いながらいちゃついている。
神城が田尻を抱きよせた。ひとさし指に力が入る。


その刹那、青天の霹靂のような悪寒が背筋をつんざいた。


俺はひどい考え違いをしていた。
いや、とてつもなく思慮深さが足りなかったのだろう。

春花がここに居るという時点で、
彼女があとをつけられている可能性があることに気づいておくべきなのだ。

春花ではなく何か別の敵意ある存在が後ろにいる。
--------------------------------------------------------
次の話へ⇒


posted by c-book at 21:20| 【小説】その瞳に写るもの

【小説】その瞳に写るもの 56

--------------------------------------------------------
最初から読む(目次へ)⇒

--------------------------------------------------------
無数の糸がまわりに張り巡らされ、
わずかな動きでそれが切れて爆発してしまうような状態だ。

小さな物音がしただけで肌があわだち、こめかみから冷や汗が流れる。
音の出所を確認して姿勢をもとに戻す。そうした動作を何度かつづけていた。
事態は膠着したまま時間だけがすぎていった。

やがて、一組の男女が現れた。

中年男と派手な服装をした若い女だ。
男はべろべろに酔っ払っているのか、女に支えられながら千鳥足でこちらに歩いてくる。
怪しまれてはまずい。カメラを地面に置いて上から袋をかぶせて隠し、ニット帽を脱いで通行人を装う。
不審な目を向けながらもふたりは俺の横を通りすぎていった。
ひと息ついて態勢を整えなおしたそのときだ。

不意に、後ろから肩を叩かれた。

液体窒素にいれた物体のように一瞬にして背筋が凍る。
気のせいや触覚の異常などではない。人の手の温かみがそこにある。

俺は振り返るころあいを見失い、ただただ立ち尽くしていた。

だが、藤原さん、と呼ぶ声がしてある結論にいたる。
よく考えれば分かることだ。あいつがそうやすやすと感興を抑えられるはずがない。

ほんのわずかでも――春花を信用した俺が馬鹿だったのだ。
俺は肩にかけられた手をつかんで思いっきり強く引きよせた。

彼女に抵抗する間もあたえずに抱きかかえ、手で口をふさぐ。
あと数センチで顔と顔が触れあう距離で、騒ぐな、静かにしていろ、大きな声を出すなと呟いた。
春花は目を大きく見ひらいて頭を上下に揺らした。

口から手を離し、そのままの状態でなぜここにやってきたのかを聞いたが、
沈黙したままで答えてくれない。

春花は俺と目を合わせず落ち着かないそぶりをしている。こころなしか顔も赤い。
なんとなく雰囲気を悟り、俺は彼女の拘束を解いた。
--------------------------------------------------------
次の話へ⇒


posted by c-book at 21:16| 【小説】その瞳に写るもの